HOME >> 競売について >> 保証人にも残債務の返済義務有り

保証人にも残債務の返済義務有り

債務者・保証人も自己破産をしなければならないことも

銀行は、引き続き債務者や保証人に対して支払いを請求することとなります。

債務者や保証人には競売後になお残るローン残高の返済義務が有ります。 したがって、銀行は、引き続き、借入者や保証人に対して支払いを請求することとなります。

また、住宅ローンでは「保証会社」が保証人になっているケースが一般的です。この場合、債務者本人が返済できないローン残高は、一旦、保証会社が債務者に代わって銀行へ立替払いしてくれますが、それで終わりになるのではなく、今度は、保証会社が債務者に対して立て替え払いしたローン返済を求めることになるのです。(債務者にとっては、債権者が銀行から保証会社へ入れ替わるだけのことです。)

つまりは、債務者は、自己破産して責任を免れる(免責決定を受ける)以外、支払い義務を逃れることはできないのです。

« 競売は裁判所が売主 | HOMEへ | 競売 »

【競売についてカテゴリーの関連記事】

競売の流れ
競売
保証人にも残債務の返済義務有り
競売は裁判所が売主
住宅ローン長期滞納で競売です

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール »

お問合せ

 

Wikipedia 「競売」
法務省
裁判所
Yahoo不動産競売
Goo競売情報
Infoseek競売情報
仲介手数料無料