HOME >> 競売について >> 住宅ローン長期滞納で競売です

住宅ローン長期滞納で競売です

強制的に不動産を処分して売却代金を返済に充てることです
社長の写真 不動産競売は、債務者から債権の返済を受けられずに困った銀行などの債権者/抵当権者が、債務者の負債を回収するため債務者が所有する不動産や担保物件の売却を裁判所に申し立て、その不動産を差し押さえて、強制的に裁判所の管理下で売却し、その売却代金から債権者が支払いを受ける手続きです。

また、相続によって得た財産物件を分ける場合にも不動産競売を利用することができます。 相続の場合にも、裁判所に不動産の売却を申し立てて、物件を売ってもらい、その売却代金から相続人が代金分割を受けることになります。

HOMEへ | 競売は裁判所が売主 »

【競売についてカテゴリーの関連記事】

競売の流れ
競売
保証人にも残債務の返済義務有り
競売は裁判所が売主
住宅ローン長期滞納で競売です

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール »

お問合せ

 

Wikipedia 「競売」
法務省
裁判所
Yahoo不動産競売
Goo競売情報
Infoseek競売情報
仲介手数料無料