HOME >> サービサーと任意売却 >> 委託型サービサー

委託型サービサー

住宅金融支援機構ではローン回収を民間に委託
サービサーの業務には、債権者の委託による委託型と債権譲渡を受けて債権者としておこなう譲渡型の二種類があります。

前者の場合は、期限の利益喪失前の催告の段階からサービサーが代行することになります。 このため債権者からの督促通知がサービサーの名前になってくることがあるのです。

住宅金融支援機構では、
エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社と
オリックス債権回収株式会社に
債権の回収を委託いたしております。

従って、住宅金融支援機構から融資を受けているローンを滞納した場合、上記2社のどちらかから全額の一括返済を求める通知を受け取ることになります。

« サービサー法 | HOMEへ | 住宅ローンの保証料 »

【サービサーと任意売却カテゴリーの関連記事】

サービサーとの交渉
架空請求
債権譲渡通知
住宅ローンの保証料
委託型サービサー
サービサー法
サービサーとは

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール »

お問合せ

 

Wikipedia 「競売」
法務省
裁判所
Yahoo不動産競売
Goo競売情報
Infoseek競売情報
仲介手数料無料