HOME >> 任意売却後も住み続ける >> 収益還元法

収益還元法

普通は内容証明郵便です
不動産売買においては、取引事例比較法が主に用いられて来ました。 収益還元法は、不動産の価格を、その物件を貸し出した場合に、どれくらいの利回りが得られるかを、主軸に査定するということになります。
上記の理由から、戸建の場合は収益還元法を用いれない場合が多いためリースバックに適合が難しい場合もあります。

« 競売後の居住権の主張 | HOMEへ | 住宅ローンよりも高い »

【任意売却後も住み続けるカテゴリーの関連記事】

不動産ローン地獄
住宅ローンよりも高い
収益還元法
競売後の居住権の主張
競売後も自宅に住み続けたい
リースバック
任売後も住みつづける

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール »

お問合せ

 

Wikipedia 「競売」
法務省
裁判所
Yahoo不動産競売
Goo競売情報
Infoseek競売情報
任意売却