HOME >> 任意売却後も住み続ける >> 競売後の居住権の主張

競売後の居住権の主張

競売後には居住権の主張は認めてもらえません!
居住権の有無は立ち退き料を貰える貰えないだけの事です。
居住権が有るからと言って、今までどおり住み続けられる訳ではありません。 そして、立ち退き料の目安は強制執行手数料の半額位です。 それ以上を要求し続けると強制執行にされてしまう場合が多いようです。

競売物件を専門に扱う業者さんでは、意地でも退去費用などは払わないと言います。 また、チョット怖い系の業者さんが相手ですと、それはそれなりの恐怖体験を経験することになるかと思います。

居住権の有る無しいずれにせよ住み続けるには、落札者から買うか、賃貸させてもらうしか道は有りません。

« 競売後も自宅に住み続けたい | HOMEへ | 収益還元法 »

【任意売却後も住み続けるカテゴリーの関連記事】

不動産ローン地獄
住宅ローンよりも高い
収益還元法
競売後の居住権の主張
競売後も自宅に住み続けたい
リースバック
任売後も住みつづける

メインメニュー

関連サイト