HOME >> 任意売却後も住み続ける >> 競売後も自宅に住み続けたい

競売後も自宅に住み続けたい

競売で落札された自宅に住みつづけいたい
任意売却の方法とほぼ同じです。

方法その[ 1 ]
友人または親戚に自宅を競売で落札してもらう。
そして、落札した旧貴方の自宅を賃貸借契約を結んで家賃を払って住まわせてもらう。
ただし、競売での落札は不確定要因の高い方法ですので確実に落札できるとは限りません。 落札できたにせよ、競売としての相場よりも高い金額を支払うことになると思います。

方法その[ 2 ]
競売代行会社または投資家の方に落札してもらう。
方法その[ 1 ]と同様に、間に入って購入してくれた方と賃貸借契約を結んで、家賃を払って住まわせてもらう。 ただし、この方法は営利目的の投資としての協力となりますのでこの方々の利益が加算されることになりますので上記方法よりも高い家賃設定となります。

方法その[ 3 ]
見ず知らずの第三者に落札されてしまった場合
その落札者と賃貸で借りることが可能か否かを相談する。 落札者が「 No! 」と言えば無理です。 例え、「 Yes 」と言っても家賃は高くなると考えた方が良いでしょう。

« リースバック | HOMEへ | 競売後の居住権の主張 »

【任意売却後も住み続けるカテゴリーの関連記事】

不動産ローン地獄
住宅ローンよりも高い
収益還元法
競売後の居住権の主張
競売後も自宅に住み続けたい
リースバック
任売後も住みつづける

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール »

お問合せ

 

Wikipedia 「競売」
法務省
裁判所
Yahoo不動産競売
Goo競売情報
Infoseek競売情報
任意売却