HOME >> 任意売却後も住み続ける >> 任意売却後も住みつづける

任意売却後も住みつづける

方法は幾通りか有ります
自宅を残す形で任意売却をしたい、と言う気持ちは誰も同じです。 しかし現実問題として残す方法は有っても簡単に行きません。 それに無理をして自宅を残しても、その後の生活がより苦しくなるのでは任意売却の意味すら無くなります。

この法律の制定前は債権回収者は、債権者本人かその代理人弁護士に限られていましたが、膨大な不良債権の処理に対処するため、民間会社にも債権回収を認めることにしたのです。 現在は優に100を超すサービサーが存在します。

方法その[ 1 ]
友人または親戚に自宅を買い取ってもらう。
そして、所有権の移転した旧・貴方の自宅を賃貸借契約を結んで家賃を払って住まわせてもらう。

方法その[ 2 ]
不動産会社または投資家の方に間に入ってもらう。
方法その[ 1 ]と同様に、間に入って購入してくれた方と賃貸借契約を結んで、家賃を払って住まわせてもらう。 ただし、この方法は営利目的の投資としての協力となりますのでこの方々の利益が加算されることになりますので上記方法よりも高い家賃設定となります。

HOMEへ | リースバック »

【任意売却後も住み続けるカテゴリーの関連記事】

不動産ローン地獄
住宅ローンよりも高い
収益還元法
競売後の居住権の主張
競売後も自宅に住み続けたい
リースバック
任売後も住みつづける

メインメニュー

関連サイト