HOME >> 任意売却のメリット >> 残債務の月々の返済額

残債務の月々の返済額

残ってしまうローンの月々の返済額の交渉
社長の写真 任意売却で不動産の売買が完了をしても、住宅ローンと物件の売買代金の差が残ります。 この残る差額のことを残債務と言います。

この残債務には、マンションを売った後も、家を取られてしまった後も返済をしなければならない義務があります。 しかし、任売で処理をした場合には、この月々の返済額の交渉が出来ます。 債務者(たぶん、貴方)の収入(収支)を考えてくれて、貴方の生活に支障の起きない返済額を認めてもらえる可能性が高いのです。 例えば、月5,000円の返済だとか月10,000円だとか、貴方の収入に合わせた返済額を債権者側が認めてくれる可能性が高いのです。

任意売却の最大のメリットは、この残る債務の返済額の柔軟性に尽きると思います。


残る債務額の差
任意売却の残債務
競売での落札額よりも、任意売却での売却額の方が一般的には高いのです。 売却代金が高いという事は、残る借金の額も減るということになります。

従って、任意売却の方が残る借金が少ないということになります。 残る借金が少ないということは、月々の返済がその分、楽になるということです。

HOMEへ | 競売のデメリット »

【任意売却のメリットカテゴリーの関連記事】

任売は面倒臭い!
競売のデメリット
残債務の月々の返済額

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール »

お問合せ

 

Wikipedia 「競売」
法務省
裁判所
Yahoo不動産競売
Goo競売情報
Infoseek競売情報
仲介手数料無料