HOME >> 任意売却とは >> 任意売却とは

任意売却とは

仮に差押、競売申立されても任意売却と同時進行で処理できる
任意売却専門業者や、弁護士先生に任意売却を依頼した場合、その代理人が債権者と交渉をし、競売を取下げ任意売却を成立させることができる場合があります。 しかし、多くの債権者は一旦競売にかけてしまうとなかなか取り下げには応じてはくれません。 取り下げない理由は、100万円前後の競売費用がかかっているからです。 競売を取り下げていただけない場合には、競売と任意売却との同時進行(競争)となります。

住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)の場合ですと、競売にしてしまった案件に関しては、任意売却に応じない姿勢を取っております。

また、交渉にあまり時間が割けない開札期日直前などは、債権者が競売を取り下げないケースもあるので、競売を申立てられた場合は、出来るだけ早く任売専門業者などの専門家へご相談する必要があります。

« 任意売却後の返済 | HOMEへ | 任意売却の流れ »

【任意売却とはカテゴリーの関連記事】

マンションローン地獄
連帯保証人が付いている任意売却
共有物件の任意売却
任意売却の流れ
任意売却とは
任意売却後の返済
任意での不動産売却の意義

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール ≫

関連サイト